2014年に公開された米林宏昌監督2作目の長編アニメーション。
シャイな12才の少女杏奈と、謎の金髪の少女マーニー。

ふたりのあいだに隠された秘密に、心揺さぶられるストーリーです。
それでは早速、映画「思い出のマーニー」の主題歌やロケ地(撮影場所)、視聴者の評価について見ていきましょう!

Sponsored Link



映画【思い出のマーニー】の動画配信(フル)を無料で見る方法

シネぽんシネぽん

※以下、本作品の動画フルが無料で見られる配信一覧だよ↓

U-NEXT ×
FOD ×
dTV ×
Hulu ×
ビデオパス ×
TSUTAYA TV/DISCAS ×
Netflix ×

 
※2020/3 時点。詳細は上記リンクからご確認ください

ここがポイント
お試し期間中は「無料」で映画が見放題!
(14日~31日間、各社によって異なります)
※期間中の解約であれば料金は一切かかりません
この無料期間を使って観たかった映画を一気に見ちゃおう!

映画【思い出のマーニー】の作品情報

©東宝
制作年(国名) 2014年(日本)
公開日 2014年7月19日
上映時間 103分
ジャンル ジブリ
監督 米林宏昌
主要キャスト 高月彩良
有村架純
松嶋菜々子
寺島進
根岸季衣
森山良子
吉行和子
黒木瞳
配給会社 東宝

映画【思い出のマーニー】のロケ地


長野県 軽井沢にある「睡鳩荘」
マーニーが現れる湿っ地屋敷のモデルになっています。
まるで水面に浮かんでいるような美しさに目を奪われますね。

https://twitter.com/okubanoitami/status/652467363250466816
北海道 釧路地方
雄大な景色に息をのみます。
ジブリ作品で北海道が舞台になるのは初。
新しいことに挑戦する米林宏昌監督の意気込みが伝わってきます。

映画【思い出のマーニー】の主題歌

「Fine On The Outside」プリシラ・アーン

この曲はプリシラ・アーンが主人公の杏奈と同じ年ごろに書かれました。
思春期の気持の真に迫る歌詞に、心を打たれます。

映画【思い出のマーニー】の過去視聴率は?

2015年10月9日:13.2%
2017年7月14日:9.7%

何度でも見たいと評判の、思い出のマーニー。
今後視聴率が上がる可能性がありますね。

映画【思い出のマーニー】の評価

3.7/5

予告編・予告動画

劇場本予告映像

作品概要

原作はジョーン・ゲイル・ロビンソンの『思い出のマーニー』です。
思春期の杏奈の気持ちが痛いほどに伝わってきます。
衝撃のラストに、誰もが涙する感動の物語。

登場人物(キャスト)

杏奈/高月彩良


主人公の少女。幼いころに家族を亡くし、養母に育てられている。

マーニー/有村架純


湿っ地屋敷に現れる謎の少女。

頼子/松嶋菜々子


杏奈の育ての親。いつも杏奈のことを心配している。

大岩セツ/根岸季衣


頼子の親戚。気さくな性格で、杏奈を可愛がっている。

久子/黒木瞳


画家の女性。杏奈とマーニーの謎を解くカギを握っている。

映画【思い出のマーニー】のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

ネタバレ注意

ここから先はネタバレを含みます。まだ知りたくないと言う場合はご注意ください。

映画【思い出のマーニー】のあらすじ【1/4】

主人公の杏奈は幼いころに両親と祖母をなくし、育ての母の頼子とともに暮らしています。
いつも、どこか居心地がわるく、自分の心を開くことができません。
喘息の発作がひどくなったことをきっかけに、頼子の親戚が住む田舎に移り住むことになります。

海の近くの村で暮らしはじめた杏奈は、湿地の向こう側にある洋風の屋敷を目にします。
一目見ただけで、ハッと息をのんだ杏奈。それから、屋敷のことが気になってしかたなくなるのです。

ある日、杏奈は屋敷に向かってボートを漕ぎだします。
すると、マーニーと名乗る金髪の少女が屋敷から現れます。
人気(ひとけ)が全く無かっただけに杏奈は驚きますが、マーニーと気が合い、時々会って遊ぶ仲になるのです。

お互いの家族のことを話したり、屋敷のパーティーにまぎれこんだりしながら、杏奈とマーニーは友情を深めていきます。

しかし、ふたりはいつでも会えるわけではなく、ふたりが会っていることは秘密でした。
杏奈はマーニーと遊んでいる途中に気を失い、気が付くと村のどこかで倒れていることもあったのです。

映画【思い出のマーニー】のあらすじ【2/4】

ある時、杏奈は違和感をかんじます。マーニーと過ごした記憶がうすれてきているのです。
あせった杏奈は湿地の向こうの屋敷に向かいます。
しかし、マーニーは現れません。

屋敷は、新しい住人を迎えるための工事が進んでいるところでした。

工事中の屋敷には、彩香という女の子がいました。彩香は、屋敷の中で一冊の日記をみつけます。
その日記には、杏奈とマーニーが会っていた様子がくわしく書かれていたのです。
「マーニーは実在しなかったんだ」と思い始めていた杏奈は日記を見ておどろきます。

マーニーに会えない日が続いていたある日、突然マーニーが杏奈のもとを訪れます。
ふたりは、森でキノコを採りながら、お互いが心にしまっていた、つらい気持ちを打ち明けます。

杏奈は交通事故で亡くなった両親を恨む気持ちがあること、頼子のことをどこか信じ切ることができないこと、そして優しい両親がいるマーニーがうらやましいと語ります。

しかしマーニーも、両親が屋敷を留守にしがちで寂しい思いをしていました。
ばあやに髪を強引にとかされたり、ねぇやにいじめらたりしてつらかったことを杏奈に話します。

そしてマーニーは愛しい気持ちをせいいっぱいにこめて、杏奈を抱きしめるのです。

その後ふたりはサイロに向かって歩きだすのですが、マーニーは杏奈のことを「和彦」と呼び、いつもと様子がちがいます。
その後、杏奈は意識を失い、祖母が子守唄をうたう夢をみるのです。

サイロの中で意識を取り戻す杏奈でしたが、そこにマーニーはいませんでした。
サイロからの帰り道、雨をたくさん浴びた杏奈は体調をくずしてしまいます。

高熱にくるしみながら、杏奈は夢の中でマーニーに再び会うことができます。
しかし次の瞬間、マーニーは杏奈をおいてどこかに消えてしまうのです。

映画【思い出のマーニー】のあらすじ【3/4】

ある日、杏奈は彩香から、マーニーの日記の一部分と絵を受けとります。
その絵には、杏奈がよく知る絵描きの女性「久子」の名がかかれていました。

マーニーの謎をとくため、杏奈は久子のもとを訪れます。
マーニーの友人である久子は、彼女の生涯を語り始めるのです。

マーニーの屋敷での生活は、つらいものでした。
しかし、幼なじみの和彦のおかげで辛い日々をなんとか乗り越えられたのです。その後、ふたりは結婚します。
ふたりの間には、一人の女の子が産まれますが、和彦は早くになくなってしまいます。

マーニーの心と体は、悲しい現実を目の当たりにして弱ってしまいます。
そのためマーニーの娘である絵美里は、親元を離れて寮で生活をすることに。

寮でさみしい思いをした絵美里はマーニーを恨みます。
そして若くして子どもを授かった絵美里は結婚し、マーニーのもとをさってしまうのです。

しかし、交通事故で絵美里とその夫は命を落としてしまいます。

悲しみに暮れるマーニーでしたが、絵美里が残した孫を自分が育てると心に決めます。
せいいっぱいの愛をこめて孫を育てるマーニーでしたが、病気にかかりマーニーは亡くなってしまうのです。

映画【思い出のマーニー】のラスト・結末(ネタバレ)【4/4】

久子から話を聞いて、しばらくたったある日のこと。
頼子が杏奈を迎えに来ます。

そして頼子から、思わぬものを見せられ杏奈は言葉を失います。
それは養護施設に来た杏奈が、握りしめていたという白黒の写真でした。

その写真の裏には、こう書かれていました。

マーニー

そうです、あの金髪の少女マーニーは、杏奈の祖母だったのです。

田舎から自宅に戻る車の中で、杏奈は湿地の屋敷を目にします。
マーニーの姿をみつけ、笑顔で大きく手をふる杏奈。
次の瞬間、彼女のいた場所にはカーテンが揺れているだけでしたが、
杏奈の頭上には、ぬけるような青い空がどこまでも広がっていました。

映画【思い出のマーニー】のココが見どころ↓

杏奈の心を映しだす空の色

© 2014 Studio Ghibli・NDHDMTK

空の色は、杏奈の微妙な心情が表現されています。
「自分がきらい」という杏奈の心をうつす空は真珠色。
物語がすすむにつれ、杏奈の心とともに移りかわる空の色に注目です。

湿っ地屋敷の細かい舞台設定

© 2014 Studio Ghibli・NDHDMTK

寒さの厳しい北海道では多く使われている2重窓。
窓を開ける動きが増え、手間になるためアニメーションで描かれることはほとんどありません。

しかし、湿っ地屋敷をより細かく表現するためにこの映画では2重の出窓が描かれています。
多くの桟(さん)が見えることでマーニーの屋敷生活の閉塞感がより強く伝わる効果も出ています。

実写映画を多く手がけている美術監督ならではの発想が活きています。

こだわり抜いた音楽

© 2014 Studio Ghibli・NDHDMTK

まろやかな音色のピアノ、きらびやかな音色のピアノの2台で音楽の収録が行われました。
通常、音に統一感を出すため映画の中で使われるピアノは1台です。

しかし、杏奈の心情を表現することを優先し、場面ごとに適したピアノで収録。
ひとつの曲の中でも2台のピアノを駆使するなど、複雑な心の動きを見事に表現しています。

感想・レビュー・口コミ


https://twitter.com/MXSueaN8yf774gY/status/1239821203960819713


https://twitter.com/koguma_tourism/status/1158762031215865856

まとめ

以上が映画「思い出のマーニー」の主題歌やロケ地、作品の評価でした!

思い出のマーニーはジブリ作品でありながら、宮崎駿監督、高畑勲監督は全く関わっていません。
妥協を知らない米林宏昌監督が、ジブリに新しい風を吹き込み、何度みても涙がとまらない作品に仕上がり脱帽です。

ではまた次回!

Sponsored Link