福本信行による大人気漫画コミック「賭博黙示録カイジ」が実写映画化され2009年10月10日に公開した映画です。
佐藤東弥が監督を務め、主演藤原竜也演じるカイジが命がけの人生逆転ゲームに挑みます!

今回は「カイジ 人生逆転ゲーム」のあらすじやネタバレ、結末(ラスト)まで公開します!

Sponsored Link



映画【カイジ 人生逆転ゲーム】の動画配信(フル)を無料で見る方法

シネぽんシネぽん

※以下、本作品の動画フルが無料で見られる配信一覧だよ↓

U-NEXT
FOD ×
dTV
Hulu
ビデオパス
TSUTAYA TV/DISCAS
Netflix ×

 
※2020/2 時点。詳細は上記リンクからご確認ください

ここがポイント
お試し期間中は「無料」で映画が見放題!
(14日〜31日間、各社によって異なります)
※期間中の解約であれば料金は一切かかりません
この無料期間を使って観たかった映画を一気に見ちゃおう!

映画【カイジ 人生逆転ゲーム】の作品情報

©︎東宝
制作年(国名) 2009年(日本)
公開日 2009年10月10日
上映時間 130分
ジャンル アクション
監督 佐藤東弥
主要キャスト 藤原竜也
天海祐希
香川照之(市川中車)
山本太郎
光石研
配給会社 東宝

映画【カイジ 人生逆転ゲーム】のロケ地

©︎ロイヤルチェスター太田

本作に登場する豪華客船の「エスポワール号」

実は群馬県、太田市にある結婚式場でした。
名前は「ロイヤルチェスター太田」。

映画【カイジ 人生逆転ゲーム】の主題歌

主題歌「It’s all too much」
劇中歌「Never say die」

歌手はYUIさんです。
彼女いわく、この曲は「難しい試練も笑いながらポジティブに向き合っていきたい!」。
そんな想いを込めてこの曲を作ったとのこと。

映画【カイジ 人生逆転ゲーム】の評価

3.3/5

予告編・予告動画

カイジ人生逆転ゲーム 予告ムービー

作品概要

福本信行作品である「博打黙示録カイジ」が実写映画化された作品です。

「命より重い金」で「エスポワール(希望)」を掴み取ろうとするカイジを藤原竜也が演じ、
天海祐希、香川照之などの豪華なキャストが揃った作品です。

登場人物(キャスト)

伊藤開司/藤原竜也

自堕落な生活を送る26歳フリーターのカイジ。友人の借金の保証人となったことで数々の命がけゲームに参加することとなってしまう。

遠藤凛子/天海祐希

カイジへ借金帳消しのチャンスとしてギャンブルクルーズへの参加を提案する。
原作では遠藤は男性であるが、本作では天海祐希演じる遠藤凛子へと性別の設定が変わっている。

利根川幸雄/香川照之

命がけのゲームを主宰する帝愛グループの幹部。カイジとは《Eカード》で直接対決する。

船井譲次/山本太郎

カイジと同じギャンブルクルーズ参加者。卑怯な手でカイジをはめる。

石田光司/光石研

映画の中では「オッサン」と呼ばれ、カイジと協力しゲームに挑む。

映画【カイジ 人生逆転ゲーム】のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

ネタバレ注意

ここから先はネタバレを含みます。まだ知りたくないと言う場合はご注意ください。

映画【カイジ 人生逆転ゲーム】のあらすじ【1/4】

「エスポワールへ乗船」

自堕落に、無為に暮れた生活を送る伊藤開司(以下:カイジ)26歳。友人の借金の肩代わりとして202万円の返済を求められます。
返済能力のないカイジを見て、遠藤凛子(以下:遠藤)は一夜限りのギャンブルクルーズ、エスポワール号への乗船を提案します。

エスポワールとはフランス語で「希望」を意味します。カイジの他にも借金返済のチャンスを掴むために負け組のオーラに満ちた負債者達が集まっていた。

彼らの前に利根川幸雄(以下:利根川)が現れ、今回のゲーム《限定ジャンケン》のルールを説明します。

まず参加者にはゲームに必要となる1つ100万円で購入した星バッジ3つと、
グー・チョキ・パーそれぞれ4枚ずつのカード12枚が配られます。

参加者同士がジャンケンでカードを使い切り、星を3つ以上獲得している者が生還となります。
ゲームの制限時間はわずか30分、続々と参加者たちはジャンケンを始めます。

乗り遅れまいと焦るカイジに参加者の1人船井は協力を持ち掛けましたが、騙され星2つを奪われてしまいます。
絶望するカイジをよそに船井は他の参加者たちにカードのシャッフルを提案。カイジもシャッフルに参加し、そこで船井が仕掛けた罠に気づきます。

石田と協力し船井から星を3つ奪い返すことに成功。残り時間で石田とあいこ出し続けすべてのカードを使い切った2人でしたが、
石田の服のポケットにカードが一枚残っていたことが分かり石田は別室行きとなります。石田を見捨てられないカイジも一緒に別室へ行くことを決めます。

映画【カイジ 人生逆転ゲーム】のあらすじ【2/4】

「石田とともに強制地下労働へ」

石田とともに別室に連れていかれたカイジは腕に焼き印を押され強制地下労働へ。
借金の返済・施設利用料を引かれカイジの一か月の給料は99,000ペリカ(9,900円)

最初は給料をため早く地下から脱出しようと考えていたカイジ。
しかし、初給料のお祝いのビールを飲み禁欲のストッパーは外れ、豪遊してしまいます。

そんな中、石田が労働中にケガを負ってしまいます。石田を連れ救護室を訪れたカイジは佐原という男と出会い、
働けなくなった者の最後のチャンス《ブレイブメンロード》の存在を知ります。

カイジ・石田・佐原の3人はこの地獄から抜け出すため《ブレイブメンロード》への参加を決意します。

映画【カイジ 人生逆転ゲーム】のあらすじ【3/4】

「落ちたら即死、ブレイブメンロード」

目隠しを付けられ連れていかれた場所は高いビルの屋上。そこに再び利根川が現れ説明を始めます。
ルールは簡単、渡された金券を指定の換金場所にもっていくだけです。

換金場所の反対側のビルとこちらのビルの間を繋ぐ細い鉄の橋、それこそが《ブレイブメンロード》だったのです。
落ちたら即死のブレイブメンロードを見て怖気ずく参加者たちに利根川は「金は命より重い」と怒鳴りつけます。

カイジは橋を渡り始めます。他の参加者が次々に落下する中、恐怖からこれ以上前へ進めない石田はカイジに「娘に渡してほしい」と金券を託して落下してしまいます。
何とかゴールしたカイジと佐原ですが、ゴールの扉を開けた瞬間内と外の気圧差による突風で佐原は吹き飛ばされてしまいます。

突風に耐え換金場所に向かうことができたカイジは、1,000万円から借金が差し引かれ75万円しか受け取れず、更には死んだ石田の金券は換金できないと言われてしまいました。

「それはおかしい」と抗議し暴れるカイジを見て、ゲームの主催である帝愛グループ会長は利根川との直接対決《Eカード》を提案します。

映画【カイジ 人生逆転ゲーム】のラスト・結末(ネタバレ)【4/4】

「最終戦Eカード」

《Eカード》は究極の心理戦。皇帝側と奴隷側を選んで勝負をします。皇帝カード1枚、市民カード8枚、奴隷カード1枚が与えられ、各々カードを1枚ずつ出して勝敗を決めます。
市民同士なら引き分け、市民は皇帝に負けるが、奴隷だけが皇帝に勝つことができます。奴隷が勝ったときのみ掛け金は10倍となります。

カイジは奴隷側を選びあっさりと利根川に負けてしまいます。あまりに面白くない展開に会長はカイジの体を担保に金を貸し、ゲーム続行を命じます。
が、またカイジは負けてしまいます。

しかし、どこか違和感をぬぐい切れないカイジは、利根川が自分の体に埋め込まれたマイクチロップを使ってイカサマをしていたことに気づきます。
遠藤に5千万円を借りて利根川に3戦目を申し出ます。

すると突然頭を鏡に叩きつけます。出血により心拍が乱れた状態でマイクロチップを頼りにできなくなった利根川は、自身の経験・知力・直感のすべて注ぎ込み勝負に挑みます。
しかしカイジにも作戦がありこの作戦により利根川は敗北してしまいます。

カイジは逆転5億円を手にします。ようやく地上の世界に戻ってきたカイジは遠藤と祝杯を挙げます。

酒を飲んでいる途中で意識を失ったカイジは、目を覚ますと遠藤と賞金は消えていました
カイジが寝ている最中に遠藤が持ち逃げしたのです。後日、石田に託された金を届けるため、娘の働くパチンコ屋にいきます。

ここで映画は終了となります。

映画【カイジ 人生逆転ゲーム】のココが見どころ

それはズバリ、名言。そして福本信行、独特の感情表現

原作の中でも有名な「名言の数々」をピックアップしてご紹介します。

遠藤「だってだってって、どこのガキなんだお前は!」

自分には借金返済義務はないと駄々をこねるカイジに甘えるなと怒鳴りつけます。

足で机を蹴る演技は冒頭5分ほどでありながら強烈に印象に残るシーンです。

利根川「甘えるな!世間はお前らのお母さんではなぁい!!」

エスポワール号に乗り込んだ負債者たちの前に現れた利根川が、ゲーム開始前から文句ばかり言う参加者たちをこの怒号で制圧します。

怒鳴る利根川の顔はまさに鬼。その迫力に参加者たちは半泣き状態となります。

カイジ「悪魔的だぁぁぁぁ!!!!」

地獄のような地下労働に耐え給料日を迎えたカイジ。給料を手にしたカイジに班長は祝い酒の缶ビールをもらいます。
1か月酒を飲んでいないカイジはその嬉しさと旨さから感情が爆発。そこでカイジの口から出た言葉が「悪魔的だぁぁぁぁ!!!!」です。

観ているこちらも気持ちよくなれる流石の演技です。

ゲーム終盤にみせるカイジの強さ

負けたら地下労働・落ちたら死という恐怖から体も心もボロボロになるはずが、失うものは何もないカイジは一発逆転で勝利を掴んでいきます。
《限定ジャンケン》では船井のイカサマに気づき逆転勝利。結局地下労働へと落ちてしまうのですが…

《ブレイブメンロード》では唯一の生還者として、シャバに戻る権利を掴みます。
《Eカード》では利根川のイカサマに気づいたカイジはギリギリのところで逆転勝利。5億円を手にします。

また、石田は落下前に娘への金券カイジに託し、遠藤は帝愛グループを敵に回し、一縷の望みでカイジに金を貸します。
そのような人を惹きつける力も持っていたのです。

感想・レビュー・口コミ

この映画を観ながらカイジを自分と重ねる人は多いのではないでしょうか。
2020年国際労働機関より発表されたデータによると、世界全体の失業者は250万人。

15歳~24歳まで「ニート」は同じ世代の人口の内22%に上るとされています。カイジと似たような状況に置かれる若者は少なくないということです。
この映画を観終わると、命を大切に、頑張ればいつかチャンスはやてくる、そんな言葉に空虚さと拠り所のなさを感じます。

ここでTwitterの皆さんの感想も見ていきましょう。



確かにカイジと利根川の対決は手に汗握るものでした。
自分の勝ちを疑わぬ利根川を打ち負かしたカイジの逆転劇はとても面白かったです。



「勝たなきゃゴミだ!」
飢える者は更に飢え、金を持つ者だけが世の中の流れを創っていく、
金が格差を広げていく今の時代そのものです。



漫画を元に映画サイズで脚本が書かれていますので、漫画を読んだことがある人にとっては物足りない印象を受けるかもしれません。
しかし、それを感じさせないほど藤原竜也さん、香川照之さん、天海祐希さんら俳優陣の演技は素晴らしいです。

まとめ

と言うわけで、映画「カイジ 人生逆転ゲーム」のあらすじやネタバレ、結末(ラスト)についての紹介でした!

「金は命より重い」「勝たなきゃ、ゴミだ」「一生迷ってろ!そしてチャンスを失い続けろ」などのセリフは、自分にもどこか当てはまる部分があると思えてくるのではないでしょうか。

面白く、見ごたえのあるこの映画は、カイジについてもっと知りたい!と思わせる作品だと思います。
これを機会にぜひ原作の漫画や、アニメの方も観てみてくださいね。

ではまた次回!

Sponsored Link