5歳の宗介とポニョによるワクワクドキドキの物語。

そしてリサとの親子関係など、スタジオジブリの中でも特に可愛らしい印象が残る作品です。

では、いつも通り映画「崖の上のポニョ」のキャスト紹介(登場人物)やネタバレに参りましょう!

Sponsored Link



映画【崖の上のポニョ】の動画配信(フル)を無料で見る方法

シネぽんシネぽん

※以下、本作品の動画フルが無料で見られる配信一覧だよ↓

U-NEXT ×
FOD ×
dTV ×
Hulu ×
ビデオパス ×
TSUTAYA TV/DISCAS ×
Netflix ×

 
※2020/03 時点。詳細は上記リンクからご確認ください

ここがポイント
お試し期間中は「無料」で映画が見放題!
(14日〜31日間、各社によって異なります)
※期間中の解約であれば料金は一切かかりません
この無料期間を使って観たかった映画を一気に見ちゃおう!

映画【崖の上のポニョ】の作品情報

©︎東宝
制作年(国名) 2008年(日本)
公開日 2008年7月19日
上映時間 101分
ジャンル ジブリ
監督 宮崎駿
主要キャスト 奈良柚莉愛
土井洋輝
山口智子
長嶋一茂
所ジョージ
天海祐希
矢野顕子
柊瑠美
吉行和子
奈良岡朋子
配給会社 東宝

映画【崖の上のポニョ】のロケ地

広島県福山市鞆の浦
https://twitter.com/doremi962/status/1169576210755547136?s=20
鞆の浦(とものうら)という海沿いの場所がポニョのモデルになったそうです。

赤い屋根の家


宗介たちの家のモデルになった赤い屋根のお家もあるようです。

街全体でポニョ推し
https://twitter.com/carpbaaya/status/1098151853139812352
街中にあるカフェにはこんな可愛らしいポニョの姿も。

映画【崖の上のポニョ】の主題歌

『崖の上のポニョ』
作詞:近藤勝也
補作詞:宮崎 駿
作曲・編曲:久石 譲
歌:藤岡藤巻と大橋のぞみ

子供が歌うイメージとして、デモの段階で大橋のぞみさんに歌ってもらったところ、なんとそのまま起用が決定したそうです。

映画公開当時はテレビ番組やイベントにも沢山出演して歌を披露しており、大橋のぞみさんがポニョをイメージした赤いワンピースを着て一生懸命歌っている姿が印象的でした。

映画【崖の上のポニョ】の過去視聴率は?

2010年2月05日 29.8%
2012年8月24日 16.4%
2015年2月13日 15.2%
2017年9月22日 11.3%
2019年8月23日 12.5%

2〜3年毎に放送されていますが、どの回も視聴率10%超で、人気が伺えます。

映画【崖の上のポニョ】の評価

3.7/5

予告編・予告動画

予告編

作品概要

アンデルセンの童話『人魚姫』がモチーフになっています。
舞台を現代の日本に移して、5歳の少年少女の愛と冒険を描いた物語です。

作品のキャッチコピーは「生まれてきてよかった。」

登場人物(キャスト)

ポニョ(ブリュンヒルデ)/奈良柚莉愛


さかなの女の子。父親はフジモト、母親はグランマンマーレ。海の上の世界に興味を持っており、宗介と出会ってから人間になりたいと強く思うようになる。
ぽにょっとした体型だということから、宗介によって「ポニョ」と名付けられた。元々魔法の力を持っていたが、宗介の血を舐めたことによって半魚人化する。ハムが好き。

宗介/土井洋輝


崖の上の家に住んでいる男の子(5歳)。
父・耕一の影響もあってか海に関する知識が豊富で、古代魚の名前を知っていたり、モールス信号を使って船の上にいる耕一と連絡を取ることができる。
ポニョのことを守ろうと奮闘したり、母・リサが落ち込んでいると泣かないのと励ましたり、正義感が強くしっかり者。リサが勤めているひまわりの家でもお年寄りたちから「そうちゃん」と呼ばれて可愛がられている。

リサ/山口智子


宗介の母親。家族からは名前で「リサ」と呼ばれている。宗介の保育園横にある老人ホーム「ひまわりの家」で働いている。ピンク色の軽自動車に乗り、運転は荒々しい。夫の耕一が家に居られない分、力仕事もしっかりこなす。宗介の周りに起こる不思議な出来事にもきちんと向き合って受け入れてくれる。

フジモト/所ジョージ


ポニョの父親。人間の破壊行動が嫌になり、海の中で暮らす魔法使い。
魔法で海水を浄化した「生命の水」を作り、いつかカンブリア紀のような海の時代を再現することを夢見ている。

グランマンマーレ/天海祐希


ポニョの母親。海の女神のような存在で光り輝いている。体の大きさは自由に変えることができる。
ポニョは、母親のことは大好きだが怖いとも言っている。

映画【崖の上のポニョ】のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

ネタバレ注意

ここから先はネタバレを含みます。まだ知りたくないと言う場合はご注意ください。

映画【崖の上のポニョ】のあらすじ【1/4】

崖の上の家に住む5歳の少年、宗介。父の耕一は船長で海に出ていることが多いので、母のリサと二人で暮らしています。

ある日、宗介はいつものように崖下の海で遊ぼうとすると、瓶に入った赤い生き物を見つけます。瓶を割ってみたところ、どうやら魚のようでした。死んでしまったかもしれないと思って様子を見ていると、さっき瓶を割った時に宗介の指にできた傷口をその魚がペロっと舐めたのです。生きていることがわかって、宗介は嬉しくなりました。

家の前ではリサが車を出して宗介を催促しています。リサの職場であるデイケアサービスセンター「ひまわりの家」は宗介の通う幼稚園「ひまわり園」と隣同士。二人はいつも車で一緒に通っているのです。

宗介は魚をバケツに入れ、車に乗り込みました。宗介は「ポニョ」だよと、リサにバケツを見せました。赤い魚に名前を付けたのです。

そこへ、スーツのような姿で海水を撒きながら歩く怪しい男、フジモトが現れました。リサはフジモトを警戒し、すぐに車を出しました。

幼稚園についた時、なんとポニョが宗介の名前を呼びました。ポニョが喋ってくれて、しかも宗介のことを好きだと言ってくれたので宗介は大興奮。宗介は「僕が守ってあげるからね」と、ポニョと約束をします。しかしその喜びも束の間、大きな波が宗介とポニョを襲い、ポニョだけを海の中に連れて行ってしまいました。

映画【崖の上のポニョ】のあらすじ【2/4】

波を起こしてポニョを連れ去ったのはフジモトでした。フジモトは魔法使いで、ポニョの父親だったのです。ポニョの母親は海の女神グランマンマーレ。そんな2人の子供であるポニョはやはり普通の魚ではなく、魔法の力を持っていました。しかも、宗介の傷口を舐めたことでヒトの血を口にしてしまい、半魚人に変わる力をつけていたのです。

ポニョは自分も宗介と同じ人間になりたいと、強く思うようになりました。

フジモトも以前は普通の人間でした。しかし、人間が海を汚したり環境破壊をしていることが嫌になって魔法使いとなり、グランマンマーレと恋に落ちて結婚をしました。フジモトは海の中に住み「生命の水」を作っていました。生命の水は厳重に施錠された部屋の中の井戸に溜め、その井戸が一杯になった時、再び海の時代を作ろうと考えていたのです。
ポニョを人間に近づけないようにしていたフジモトでしたが、宗介に会いたい気持ちでいっぱいのポニョは言うことを聞きません。

フジモトの元から逃げ出す際、ポニョは生命の水を浴びてしまい、更に強い魔法の力を得て人間の姿となりました。ポニョの力は強大で天候を狂わせ、宗介の住む町は大嵐に襲われてしまいます。家に帰る途中のリサの車も何度も波に飲まれそうになりますが、リサの運転スキルは凄まじく、なんとか家に辿り着きます。

リサの車を追っていたポニョも地上に降り立ち、やっと宗介に会うことができました。気持ちを抑えられないポニョは物凄い勢いでポニョに抱きついたのでした。

宗介はびっくりしていましたが、その女の子がポニョであることにすぐに気が付きました。リサもポニョを受け入れ、三人でご飯を食べました。ポニョにとって初めての人間の食事ははちみつを溶かした暖かいミルクに、ハムの入ったインスタントラーメン。あまりの美味しさに目をキラキラさせながら興奮するポニョでした。

映画【崖の上のポニョ】のあらすじ【3/4】

夜になると嵐は落ち着きました。宗介はポニョが寝たら嵐が収まったねと、ポニョと嵐の関係に何かを感じている様子でした。
リサはひまわりの家に応援物資を運ぶため、宗介にポニョと家を託して出発します。宗介も最初は不安な気持ちを見せますが、リサを見送る頃には頼もしい顔をして、親指を立ててリサにエールを送ります。

翌朝、家の外を見ると窓のギリギリまで海水が来ている状態で、街全体が海に沈んでしまっていたのでした。しかもフジモトの生命の水が海に広がり、見た事もない古代生物が海の中を漂っています。

この事態を見たフジモトは、これはポニョが引き起こしたものであると察知。
「このままでは世界が滅びてしまう…」。

唯一の解決策はポニョが人間になること。そうすれば魔法の力はなくなり、世界は元通りになるとグランマンマーレが提案します。

その頃、リサの帰りが遅いことを心配した宗介は、ひまわりの家に向かうことにしました。自宅にあった船の模型をポニョの魔法で大きくし、宗介が船長として操縦して行くことにしました。しかし、ポニョは段々魔法の力が弱まってきてしまい、ついに魚の姿に戻ってしまいます。

映画【崖の上のポニョ】のラスト・結末(ネタバレ)【4/4】

そこへフジモトが現れ、ポニョと宗介を海底に連れて行きました。
海底ではリサがグランマンマーレと話をしていました。世界が破滅する可能性があること、ポニョが人間に戻るためには宗介がポニョのことを好きで居続けなければならず、ポニョへの気持ちがなくなってしまったらポニョは泡になって消えてしまう、と。

ポニョの運命を5歳の宗介が背負い、母親として見守ることしかできないリサにとっては辛い話だったかもしれません。しかしリサもグランマンマーレも、宗介とポニョの意志を最優先に考えていました。

グランマンマーレから宗介へ、この先ずっとポニョを好きでいられるか確認すると、
「ポニョがどんな姿になってもずっと好きだよ!」と力強く返事をしました。
同じくポニョにも、魔法の力がなくなってでも宗介の傍に居たいかを確認すると、もちろんポニョは頷きます。

それを聞いて安心したグランマンマーレはポニョに魔法をかけました。宗介とポニョがキスをしたら、ポニョが人間に戻る魔法を。

これで世界の綻びは元通り。
皆が陸上に戻るとすぐにポニョは宗介にキスをし、人間の5歳の女の子になったのでした。

映画【崖の上のポニョ】のココが見どころ↓

CGを使わない作画

©︎ Photofest/zetaimage

ポニョの作画はCGを使用していないことでも話題となりました。

鉛筆作画ならではの動きで、特に波の動きがとても印象的です。ポニョが波に乗って宗介の家にやってくるシーンは圧巻です。

リサと宗介の信頼関係

©︎2008 Studio Ghibli・NDHDMT

宗介は母親を「リサ」と呼び捨てにしています。リサと宗介は親子ではあるものの、信頼し合った仲間、という印象を持ちます。リサも宗介のことを決して子供扱いせず、1人の人間としてきちんと向き合って接しているように見えます。

ポニョでもやっぱりジブリ飯

©︎2008 スタジオジブリ/東宝

やはりジブリ飯は外せません。
ポニョの中では停電中にリサが作ってくれたラーメンがとっても美味しそう。ハムも入っていてポニョは大喜び。

感想・レビュー・口コミ


ポニョの妹たちも大活躍!声優は矢野顕子さんが担当されています。


しっかり者の宗介もまだ5歳。子供を持つ方がこのシーンを見ると、涙を誘われるのではないでしょうか。

https://twitter.com/yuckey35/status/1236388932704563200?s=20
大人はもちろん、ワクワクドキドキが続く映画なので子供も十分楽しめます。

まとめ

映画「崖の上のポニョ」のキャスト紹介、ネタバレは以上になります。

優しいタッチの映像と子供たちの可愛さが溢れる楽しい映画です。私も子供には宗介のように優しくまっすぐな子に育って欲しいと思いますし、私自身もリサのように子供に対してもいつも誠実に向き合っていきたいなと思いました。

ではまた次回!

Sponsored Link